肉離れの痛みが激しいのですが、運動はやってもいいですか?

肉離れの痛みが激しいのですが、運動はやってもいいですか?

肉離れが発生した場合には、運動は厳禁となります。

 

筋肉が切れてしまっている状態ですから、運動してしまうと筋肉の繊維がさらに切れてしまって、より強い症状へと移行することが多いです。

 

どこの部分に発生する肉離れであっても同様で、運動すればするほど、きつい症状へと移行します。瘢痕(はんこん)といって、一生そのままタンコブのようなものが筋肉内にできてしまって、違和感を出し続けるようにもなってしまいます。

 

後遺症と呼んでもいいと思うのですが、とてもつらい症状ですから気を付けたほうが良いですね。

 

スポーツなどでどうしても動かさなければならない場合は、バンテージでがっちりと圧迫固定していくと、運動はできるようになります。僕も、Jリーガーの患者さんによく使うのですが、筋肉を圧迫固定すると、切れてしまった繊維が一時的にくっつき、痛みやその他の症状を感じにくくなることがあるんですね。

 

どうしてもという場合だけに使うテクニックであって、一般の患者さんに対しては、あまりつかうことはありません。

 

まあ、圧迫固定することはとても重要なテクニックなので、治療の際もサポーターや包帯などで固定していくと、症状を回復させるスピードが上がっていきますよ。強い症状が出てしまっている患者さんほど、適度に圧迫することで症状は回復してきます。

 

着地が最も注意しなければならないポイント

 

どのようなスポーツを行うにしても、着地の際に最も肉離れが発生しやすいと言われていますので、気をつけてくださいね。

 

ジャンプ系競技の着地、走る競技の足を踏み込んだ瞬間など、地面に強い衝撃が加わったときにカラダにもダメージが跳ね返ってきて、肉離れが激しく発生するようになります。

 

さらに、着地した瞬間に急激に動きを変えるようなこと、例えばターンを加えたりドリブルで瞬間的に身体の動作を変える瞬間、このようなときに肉離れが発生しやすいと言われています。

 

これを防ぐためには、純粋な筋力トレーニングを行っていくのではなくて、コーディネーショントレーニングと呼ばれる「自分の体が今どのような」

肉離れでお困りの方へ